See more details
Title List

ボートレースを見に行った話

大阪の「住之江」というところにボートレース場がありまして、今年のグランプリが
決まるので殿が行きたいそう。私はどっちでも良かったのですが、社会科見学だと
思って同行することに。

住之江公園駅に到着するやいなや、ディープなおっちゃん達だらけの中で会場に
向かうアタクシ。すごく

 (≧o≦)ウワーッッ

と思いました(苦笑)。まず100円を機械に入れて入場するので、100円玉がない
人は券売機で両替できるようになっています。

会場についたらまず「抽選で無料配布のタオルが欲しい」
という殿。さっそくその場所に行ったのですが、もうすっかり終わって跡形も
なかったです…。

殿はその後ウロウロ歩いていて、どこに椅子があるのかわからないワタクシは、
所在なげにずっと歩いている殿に
「ずっとこんな感じなの?私はどうすればいいの?」と言う有様(苦笑)。

確かにそこらへんで立ったまま予想してたり、モニターを見てたり、ごはんを
食べてる人がいて、椅子が全然ない場所が多く、みんなこんな感じなんだぁと発見。

2レース目を立ったまま見物した後、11時過ぎた為、朝ゴハンを一切食べていない
私達は名物だという物を食べました。そうしていると、5レース目発売中の時間に
なったのですが、5・7・9レース目発売中の時、坂上忍さんがいらっしゃるという
ので、その会場に行くことに。

まずは坂上さんが予想した番号をホワイトボードに書き、司会者が
「さぁみなさんも舟券を買って、ここで坂上さんと一緒にレースを見ましょう」
と、言ってました。なるほど、そういう楽しみ方ですか(笑)。

ワラワラと舟券を買いに行き、またワラワラと戻ってくる皆さん(笑)。
そこで一緒に坂上さんと見たのですが、これが外れる外れる(笑)。
1番の人がインコースなので有利だそうですが、なんと6番の人が一位に
なったりして、すごい倍率となっていました。

私はそれまで、すごい空気にどうしようどうしようと思っていたのですが、
この特設会場は若い方や女性が結構いらっしゃり、なんかホッとして空気にも
慣れてきていました。

8レース目はIVANや川崎宗徳さんがいらっしゃり、結構盛り上がったので、
私みたいな慣れない子はこういうイベントを見るのがいいかも。

外では松竹芸能の若手がお笑いライブをやっていたり、とあるブースには
CMで使われた衣装が飾ってありしました。

私は結局一回も買わなかったのですが、殿の好きなようにさせてあげようと
思い、私は一度会場を出て、近くのドンキホーテや100円ショップや、ロッテリア
などに遊びに行きました。一応再入場券を取ってから出たのですが、16時過ぎに
入場したら、もう入場料は不要で自由に出入りできるようになってました。

一階には大きな待合室のような椅子があるスペースがあり、そこでテレビ画面で
レースを見て終わりを待つアタクシ。無事に最終レースを終えると、たくさん人が
部屋に入ってきました。なんと優勝者のセレモニーがこの部屋であるそう。

殿が私をうまく見つけ、一緒にセレモニーを鑑賞。ボートニャー達も出てきて
(すみれさんではない)ダンスを披露。なんかちゃんと見届けることができたので、
良かったかもです。

いままでギャンブル系は毛嫌いしていたのですが、ちょっと印象が変わりました。
まぁCMもカッコよくなってますしね。お金があるんだから、建物をもうちょっと
キレイにすればいいのにと思いましたが、きっとどこもあんな感じなのでしょう。

帰りは大通り沿いにあった王将で、たらふく食べて帰りました。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK