See more details
Title List

台風の中別府へ行った話

シルバーウィークは、殿が合間の平日も休んで9連休にするとの事。
なので、19日出発の二泊三日で旅行に行くことに。

東京から行くのならば飛行機にしますが、新大阪からのぞみに乗り、
順調に約2時間で小倉にとうちゃーく。
そこからソニックという特急に乗り、一時間十分程で別府にとうちゃーく。
ソニックが超綺麗で、JR九州ってお金あるなぁと思いました。

受付が9-12時半までで、JTBクーポンの荷物配送サービスを使えるということ。
12時24分くらいの超ギリギリに着いたので、あまりあてにしてなかったのですが、
殿が間に合う間に合うというので(笑)、あらかじめ名前等はクーポンに書いておき、
駅構内のヤマト運輸へと急ぎ、超ギリギリで預けました(笑)。
今日宿泊のお宿まで17時までに運んでおいてくれるそうです。
すごいサービスですね。

昼頃着いたので、別府冷麺を食べることに。「六盛」というお店です。
お昼の営業時間が11時~14時と短く、13時頃着いたのですが、
皆雨の中傘をさして待っています。
並んでいるからということで、結構早い段階でお店の人が「営業終了」の
看板を出しました(^_^;)。

なので、時間内に行ったからと間に合うわけではない為、これから行かれる方は
お時間に余裕を持ってお出かけください。

席は空いているのに、店員さんは男女のお二人だけなので、入店できずに
雨の中ジッと待つ私達。

やっと入られて、二人とも冷麺を注文。殿は大盛、私は普通盛です。
今までって透明な冷麺に慣れていたのですが、こちらは普通のおそばのお色を
しており、なんだか新鮮でした。おつゆが美味しかったですよ。
201610042112478c1.jpg
ピクルスと共に^^

そこから雨の中地獄めぐり(笑)。
折り畳み傘を持っていた為、開いたり畳んだりがまぁ大変(^_^;)。
別府駅からバスツアーに参加しようとしたのですが、
どこで申し込むのかわからない為、駅の観光案内所へ行ったところ、
そのツアーは子供向きだと仰るおじちゃま。

ガイド付きでタクシーでまわってくれて、1万5千円くらいのツアーを紹介された
のですが、それってお金がかかり過ぎなので(節約家庭なのダ)、やはり
バスツアーにしたいと言うと、やはり子供向きで時間がかかる為、今からだと
ホテルが17時になってしまい、いいホテルなのにもったいないと言われました(笑)。

そんでフツーの循環バスを使いなさいと(わかりやした)。
おっちゃんから言われたルートで行くことにしました。
一日券を900円(くらい)で買い、別府駅から「血の池地獄前」で降り、
血の池地獄と龍巻地獄を行きます(目と鼻の先)。

バスの一日券を龍巻地獄で見せると、地獄めぐり7箇所の観覧券(お得な金額)を
割引で買うことができました。一か所ずつ払うの大変ですしね。

雨だったのですが、目を凝らして見ると、血の池は本当に赤かったです。
201610042111221c5.jpg

天気が良かったらもっとはっきり見えたかも。
龍巻は間欠泉で、下からブワーと吹き出しますが、常に吹いているわけでは
ない為、待つかもですぞ。
201610042111350a0.jpg
どわー

そこからまた循環バスに乗り、「鉄輪(かんなわ)」で下車。
残り5つの地獄はここで見られます。おどろいたのは鬼山地獄。
すんごい数のワニさんがいます。
こんなにたくさんワニを見たのは初めてで、おののきました(笑)。

201610042111515bb.jpg
これは白池地獄でっす

今夜のお宿は「ホテル白菊」。別府駅から歩くつもりでしたが、バス停でまさに
「ホテル白菊前」があったので、ここで降りました。これもおっちゃんが
教えてくれました。

着くと本当に荷物が届いてました(そりゃそうよ)。
お夕飯がお部屋だったので、気楽にできてよかったです。でも泊まる人が
多かったし、仲居さんがすごく忙しそうでした。
20161004211223754.jpg
大分づくり

20161004211207e2c.jpg
ずら~り

途中でお腹いっぱいになったところで、鶏天が出たので(笑)、苦しかったけど
食べました(^_^;)。
20161004211235c08.jpg

次の日はあまりお腹がすかず、おかゆを食べたりしてました。
今思うと勿体ない(苦笑)。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK