See more details
Title List

人見知りっていうのは自慢できることではないのダ

よく世間は言葉を作ろうとしますね。
前からある言葉で「人見知り」っていうワードがあります。

初対面でうまく話せない人とか、目を合わせられない人
等という意味合いが強いのですが、このワードがあることにより、
開き直っているように、見られる方がいらっしゃいます。

私からすれば、あくまで私の視点ですが、こちらが一生懸命話しをして
いるのに、まったくこっちの目を見ない方というのは、失礼なヤツめ
、プンプン、って感じがしています。

しかし当人は「自分人見知りだから目が見られないんです」等と言い、
その欠点を、正当化しようとする人がいるんですな。

一番そう思ったのは、私が初めて岡山に行き、夫の友人達や弟家族に
挨拶した時。目を合わせて話してくれた方は、数人しかいませんでし
た。それを父に言ったところ、‘田舎の環境に、都会から見知らぬ人が
来たら、どこでもそうなってしまう’とのご意見。

自分としては‘岡山という国はこう’なんだと思っていました。
他の県だったら、もっと普通に会話できるからです。
この田舎体質も良くないと、私は断言いたします。
心当たりがある方は、ちょっと見直してみてください。

その証拠(かどうかわかりませんが)に、岡山から東京に出てきている
方は、初対面でもちゃんと話ができていました。
環境が要因かもしれません。

とにかく、そういう体質も変えて、都会の人をウェルカムで
向かえるようにならないと、過疎化が進んでいくので、
注意してくださいね。

ちょっと厳しい意見でしたかな。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK