See more details
Title List

メゾン白浜磯時計♪

南紀白浜で一泊するのは「メゾン白浜磯時計」様。
バスで「白浜桟橋」で降りまして、徒歩…5~8分くらいですかね
(うる覚えですスンマソン)。

通りを歩いていると、そこは海沿いなので、大きなスンバラシイホテル
が何軒かあるのですが、そこではない為
♪大きなほってるっをとっおりっすぎー、わたーしたーちは
いっそどっけいー♪
と勝手に歌を作って、歌いながら歩きました←バカ

到着すると女性客が「駐車場がいっぱいで止められないんです」と
フロントの方に言っていて、『近くに広場があるんでそこに止めて
ください』と言われていました…。

チェックインすると、『夕飯は18時半くらいになると思います、
お部屋に電話します。朝食は何時にしますか?』と言われた為、
8時でお願いしました。

夕・朝食はフロントすぐそばの食事処。お風呂は同じ
一階の奥にあります。

お部屋に入ると、ココはいろんなものがないんです。
無いのは‘コップ、ドライヤー、バスタオル、洗面所のタオル、
ヘアブラシ’です。
これがデフォルトなようです(よく調べて行かなかった)。

歯ブラシはありますが、あらかじめ歯磨き粉がブラシについている
タイプなので、夜一回磨いて終わりだから、歯磨き粉があると
いいですね。

洗面所のタオルはないので、袋の中に用意された手ぬぐいサイズの
タオルを使うって感じ^^;。
湯のみはあったので、アタクシめは歯を磨いた時湯のみで
うがいしました^^;。

ドライヤーは後で気が付きましたが、フロントで貸してくれるよう
です。一個だけ見つかりました。
バスタオルはフロントに言ったら出してくれました(^.^)ホッ。

夕飯はクエ鍋です。私と殿二人なのですが、三人前と同じ量の
クエが出ていたようです。クエを食べるのが初めてだし、
骨だらけの身とか、肝とか戸惑いましたが、全部鍋の中に入れました。

夕飯のお支度は、母親くらいの年齢の女性二人だけでやっていて、
やっぱし回らないらしくて、なかなかウチの所に鍋の具材が
来なかったので、手伝いたくなりました。

私はご飯一杯しか食べていないのですが、殿がジャンジャンおかわりし
気がついたら五杯食べていました。二人で完食していたので、従業員
さんが驚いていました(笑)。コレみかんどうぞと言ってくれたので
お部屋に持ち帰りました、でっかい有田みかんで甘くて
美味しかったです。

お部屋に戻ってしばし休憩していると、チローンと電話がなりました。
‘今だったら貸切風呂空いてるけどどうしますか’とわざわざ
電話してくださったのです。ここはどの部屋の人が風呂に入ったか
チェックしているらしい。貸切風呂と男女交代制の風呂があり、貸切は
入らなくていいやと思っていました。だって私達は一緒にお風呂に
入ったことはないんです、緊張します(夫婦なのに、苦笑)。

ウトウトしてた殿が起きてきたので「どうする?」と聞くと「入る」
とのご回答。入ることになりました。まぁ実際はそんなに緊張しま
せんでしたが(笑)。ランランと明るいわけでもないですし。
夫婦初の一緒のお風呂となりました、五年目にして(笑)。

これってわたしら夫婦だから問題ないですが、最近の子って付き合って
もいないのに男女二人で旅行すると聞きました。別に何もないそうです
(どーなってるの)。ここに泊まったら半強制的に
『貸切風呂どうする?』と聞かれて、あれよあれよと入ることになった
ら大変ですね♪(←面白がってる)。

夜になると気温が低くなりますので、温泉が温かくて嬉しかったです。
風呂から出たらフロントの方に、出たと伝えることを忘れずに。

次の日は二時間程バスに乗る予定だったので、早めに寝ました。

翌日は普通の朝ごはんで、和食です。順調にチェックアウトし、
バス停まで歩きました。熊野大社に行きたかったので一日二本しかない
バスの9:40くらいのバスに間に合わせました。
飲み物がなかったので、バス代の小銭を確保したかった私は
旦那からドリンクを買ってもらいました。

次に続く…
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK