See more details
Title List

手相を見てもらいましたの件

アタクシよくいく駅ビルをウロチョロしていたんですが、
東館と西館で繋がっている、渡り廊下みたいなところで、
手相占いをやっているのを発見。

一人ではなくて、長デーブルに何人も座ってらっしゃって、
お客さんも結構ワイノワイノいて、興味はあったんですよ。
前もその場所でやっていたので。

その前を通りがかった時、客引きに呼び止められました(笑)、
「千円でこの先生方に占ってもらうのは、安いよ、安いよ」と。
あともれなく本がついてきます、との事。

…あーー、販促かぁぁ。ま、いっか、と思い、
えぇやりますと乗り気になるワタシ。

本はどれがいいですか?と言われ、全然知らないアタクシは「売れ筋がいい」
というと、「強運」が売れています、とのことで強運にすることに。
深見 東州さんの本です。

さっそくおじさまに手相を見ていただくと第一声で
「典型的な自由人の手相ね」
へ、へぇ?そうみたいです。だから一人上手なのか(知らん)。

何を聞きたいか、の紙の「家庭運」に○をつけたのに、
仕事のことばっかり。
「どこで何をやってもできるようになるし、合格点が取られる。
しかしグンと出る為には、一個、この人でなきゃ、という
‘エクセレント’なものを作らなければいけない」とな。

図星です。すごいです。確かにアタクシはちょうど仕事の転機だし、
出世しないことに、ちょっと疑問を感じていました。

そして自分で事業を起こしてもいいタイプなんだと。へぇ~。

家庭運については、旦那が忙しい為なかなか時間が合わないことを言うと、
「会話のキャッチボールをしなさい。あとは伝言メモを書いておくとか。
お疲れさまーとか、○○を温めて食べてくださいとか」
だそうです。確かにそういうアドバイスをしてくれる方は初めてです。
仲がいい人は独身者ばかりなので(^^ゞ。

「強運」の本は、読む前のイメージは、とにかくみんな頑張ろう、という
趣旨の本だろうと思ってました。が、全然ちがったのです。

今まで読んだ中で軍を抜いたスピリチュアルな書で、
守護霊とかパワーコールなどという内容が出てきます。
びっっっくりしました。すげーなという感じです。

パワーのある図のようなものも出てきて、もうオカルトちっくになってきました。
しかしこういうのワタシ好きです(笑)。
これで自分の運が向いてきたら、素晴らしいプレゼントです。

内容については本書を読んでいただこうかと思います。
パワー図形を家のよく見える場所に貼るとよいらしいですが、
旦那がいますので、目立たない場所を探し中です(笑)。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK