See more details
Title List

なんと契約終了だそうです

会社で10:00に突然ミーティングが入った為、
まぁ会議室が取れなくてこの時間なのかなと軽く考えていました。

ビルの何階のどの場所に会議室があるかわからず、
同僚と共にウロウロ歩いてやっと見つけ、上司二人を前に座りました。すると
「なんとなくお気づきの方もいるかもしれませんが、このpjtが終了になります」
との通告。

…。

「いつ頃までですか」と聞くと、一人が8月末、もう一人が9月末、
リーダーが来年3月迄、との事。

その後マネージャーと15分くらい1on1でミーティングし、
まぁsachiさんは本当にやりたい仕事に就く為に動くいいチャンスだと
思ってほしい、と仰られました。

聞いた直後やマネージャーと喋っている時は、結構平常心でした。
しかし…時間が経つにつれ、フツフツと、悔しい気持ちや悲しい気持ちが
押し寄せてきました。

今までこの職場で働き続け、6年と3か月。私の自社はまじめで厳しく
「顧客満足度を上げる」「何が必要とされているか考える」等、
何度も議論を重ね、努力しつづけ、お客様に全身全霊でぶつかってきました。

しかし、こんなに頑張ってきて…「ハイ、終わり」って何?

あ…ごめんなさい(苦笑)

こういう時に社会の厳しさを感じます。皆仕事に対してブーブー文句を言い、
ヒマさえあれば「辞めたい、もう辞める」って言っている人も
多いことでしょう。
でも、会社に置いて働かせてくれるというのは、本当は幸せなことです。

ワタシも働く期間が長すぎて、常に異動したいと思っていましたが、
自分から辞めるならともかく、契約を切られるのはなんとも痛切な思いです。
こういう世界なんですわな。

昼休みにアラシックで以前同じ職場で働いていた、違う会社のニノ子や
妹にLINEで報告。

夜家に帰った後、まだ落ち着かないワタシは母に電話して話しました。
母が一緒になって怒ってくれたことに救いを感じました。
大変な引っ越し作業をさせておいて、移ったらハイ終わりかよ、と。
引っ越しさせるなよと。 同感です。

契約終了の理由は、人件費が高すぎるという事。
お客様の会社は結構ヤバめらしい、話で聞く以上に。
仕事ができない正社員が多すぎて(失礼御免)、
そのカバーの為に大量の業務委託を雇っているので、まぁ赤字でしょうね。
正社員を見直せばいいんじゃ(爆)。

とあるグループ会社の子会社なので、本体の会社に吸収されるのは
時間の問題っぽいし、まぁいいのかもしれません。

できるだけ楽しい話を書きたいですが、たまにこういうことが
ありますので、どうかご容赦ください。

ブログに書いたらだいぶ気が楽になりました。
読んでくださった皆さんありがとうございます。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK