See more details
Title List

山形へ行ってきました②

ホテルのばいきんぐで朝食を食べていたら8時に。
そしたら朝食会場のテレビがNHK、そう、あまちゃんに変わったのです。
ウチの父がコーシーを飲みながら「ちょっと見ていくわ」と(笑)。
私達二人の席がTV正面だったので、食べ終わってから「ここどうぞ」と
譲りました。

とうとう2011年3月11日の場面に。北三陸鉄道に乗ったユイちゃんは?
大吉さんは無事なのか?死ぬのか?というところで終わりました。
エーンヽ(T。T)ノいじらしい(笑)

ホテルをチェックアウトし、父の実家へ。
父のお兄さん(長男)と奥さん、子供(長女)がおりました。
ちょっとお話しして、車でお墓参りへ。
すごい急な坂をウィーーンと登っていきます。
ウチの父運転久しぶりなのでハラハラです(笑)。
もう5年以上ぶりだと思います、お墓参りは。
ご先祖様に見守ってもらおうと拝みました。

その後お昼を御馳走してもらうことに。
これが「ちょっとお昼」と思っていたから、おそうめんでも
出てきたら十分なのですが、なんとお寿司、なんとオードブル!。
仕出しを頼んでいらっしゃいました。

そして恒例のお酒ガンガン注ぎが始まるのですが、
ワタシなりに工夫しており、ちょっと飲んで、隙間にちょっと注いでもらい、
またちょっと飲んで…を繰り返すことで、ガンガン注いでもらうのを防ぐ、
ということをやっています。

昼間っからビールとチューハイ飲んで、お腹いっぱいになりました。
旅行中ってお腹いっぱいになるんですよね、乗り物乗りっぱなしで動かないで
食べてばっかりだし。

新幹線できているので、お米は自宅へ送ってくれるそうです。ありがたや~。
そしておウチを後にしました。

酒田駅に着き、レンタカーを返し、お土産を買うことに。
酒田むすめ・樹氷ロマン・だだちゃまめのぬいぐるみ・
縁起もののお飾り、を買いました。

だだちゃまめのは、手のひらサイズで、さやの中に二つ、
顔があるお豆さんが鎮座しています。お豆はひもで繋がっています。
かわいいです(^^)。

酒田むすめはパッケージに女性の顔があるのですが、
過去に妹(sachiいも)が職場で配ったところ「sachiいもちゃんに似てるね」
と言われたそう。丸顔でおちょぼぐちなので、本当にそうかも。
ワタシも妹と顔が似ているので、こんな感じです(笑)。

会社で配る用に樹氷ロマンにしました。なんか金賞とってるみたいです。
配った時ほとんどの人に「蔵王」と言われました。実際蔵王には
行きませんでしたが、近いとゆうことで(笑)。

いなほに乗ってJR鶴岡駅へ。
鶴岡駅初めて降り立ったのですが、ひらけていて驚きました。
なんや酒田駅と全然ちゃうやん、と関西弁に。

改札を出たら「竹屋ホテル」と書いた紙を持った男性を発見。
依頼した16:15よりも10分くらい前にいらしてました。
そこから車で約20分送ってくれるとゆう、ありがたや(^^)。

2泊ともビジネスホテルの予定でしたが、ウチの旦那にとっては
初めての山形県。1回くらい、いいモン食べて、できれば温泉にも入って、
いい思い出を作ってやりたいと思っていました。
ここにくる前に既にいいモン食べちゃいましたが(笑)、
粋な計らいのつもりです。
日程限定のお得プランで12,500円/人だったかな。
本当はもっともっと高いです。

着いたらまずお風呂。これがシャワーのお湯が熱いのなんのって。
温度調節で一番“冷たい”にしても変わりません。壊れているようです。
奥様方の話声で、一番左がマシということを知り、そっちを使いました。
無事にシャンプーできて良かったです、どうなることかと(^^ゞ。

露天風呂に入りたかったのですが、先程のウルサガタがぐるっと風呂中
占拠し、井戸端会議が行われていて、入る勇気がありません(笑)。
室内の浴槽に入りました。

お部屋に戻り、旦那がオフロに入りに行ってから、
隣の両親&妹の部屋に行きました。
「アレ熱くなかった?」と聞いたら母が
「シャワー使うと火傷するから使うなと言われたわ、洗面器に溜める方は
普通の温度だった」との事。竹屋ホテルさん、これ直さなきゃですよ~。

夕食は豪華なディナーです。鯛の焼いたものと、鯛のおかしら、
ずわいがにを始めとし、品数も多く夢中~で♪ごはんを食べました。
最後のつや姫が、お腹いっぱいで食べられなかったのがザンネンでした。

ちょっとフンパツして温泉宿をとって良かったです。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK