See more details
Title List

なぜ自分はうまくいかないのか考えてみる

私は普段ふと思ってしまうことがあります。それは
「周りはさほど苦労せずうまくいくのに、私はなんでうまくいかないのか」
ということです。

個人的にはたびたびブログにも書いてますが、赤ちゃんのことです。
ただいま職場で私の周りはベビーブーム…

隣の席の女子と目の前の女子がおめでた。
後ろの席は男性ですが、奥さんがおめでた。
同じ部署であと一名男性の奥さんがおめでた。

みな夏に出産予定だそうです。
まさにおめでたの四面楚歌
それに周りの既婚者はほとんどお子さんがいて、
「別に普通のことですけど」みたいな感じを受けておりやす。

こんな気持ちになるのは前にもあったんですよ。
まさに独身の時です。その頃の方がひどかったですね。
「結婚しました」という報告とか年賀状とか…。

で、自分自身発見したのですが、他人を妬む前に、
やることがあるんです。
それは「自分のドコに原因があるのか」です。
赤ちゃんに関しては、二人の健康状態などが関係する為、
そう言いきれない部分はありますが、心の部分では同じです。

私は考えました・・・( ̄  ̄;) ウーム。

ある時、職場近くのおにぎり屋さんで、ランチ用におにぎりを
買ったんです。食べたらすごく美味しかったんです。
なんでかな、と思ったんですが、さかのぼれば、小さい頃に
母が作ったおにぎりが美味しかったんではないかと。

そしてふと気がついたことがありました。
母親を少々避けていたなと。

幼少の頃から、母親に束縛され気味で、離れたいと思っていました。
そういうお母さんは世の中に結構いるみたいですね。
しまいには結婚まで反対され、
ずいぶんと避けるようになっていたものです。
反対を押し切って結婚したという感じです。

だけど考えてみたんです。

私は両親にとって第一子なので、授かった時喜んだだろうなぁと
思ったんです。
お腹の中で私はすくすく育ち、生まれてからは抱っこして、
おっぱいあげて、三時間おきに起きて、おむつを替えてと
すごく色々やってもらったはず。
まさに今、自分がやりたいと思っていることです。

高校の時は毎日早起きして昼のお弁当を作ってくれた母。
受験に失敗した時に一緒に泣いてくれた母。

私は間違っていたなと思いました。深く反省しました。

何にもたいした用事がないですが、今週末実家に帰ろうと
思いました。正月休みは岡山に行った為、ずいぶん長いこと
帰っていませんでした。

そういや週末はちょうど桜が満開ということで、花見でも
誘ってみようと思います。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK