See more details
Title List

バリウム検査のコツがわかった!の巻

会社の健康診断に行きました。当社の場合、定められた三ヶ月の間に
自分のタイミングで、いくつもの候補から好きな病院を選んで
行くという、非常に自由な社風です(笑)。

私がいつも行っているのは、丸の内クリニックさんです。
2回来院していまして、個人的にここはオススメです。
検査の腕はわかりませんが(スミマセン)、
オススメポイントはここで働く方たちの対応です。

健康診断ってはっきりいうと流れ作業だと思うんですけど、
それを感じさせない接客。
非常にしつけられているor 働く人を選んでいる、だと思います。
だから不快になることはありませんでした。

検査4日前から検便を2回取り、当日は検尿を取り、と
作業がある為、特に検便は(*´ρ`*)ハァ~と思いますが、
2回目ともなると慣れてきました。
普段あまり自分のウン…を見ないので。
朝はその分時間を要しますしね。

院では気持ちよく順番に進んでいきます。
バリウム検査は前回は最後のとっておきのお楽しみ?だったのですが、
今回は血圧→身長体重・視力・聴力→肺のレントゲン→バリウム、と
早くも登場。

イスのところに注意書きみたいなのがあったので、
ふと手に取ると、バリウムを飲むコツがありました。
【顎を引いて、あわてずゆっくりと】との事。医者は別に早く飲むのを
望んでいない、みたいな事書いてありました。

なーんだ、と単純に思った私は、女性の優しそうな検査員から呼ばれ、
室内へ行きました。
まず発砲剤をバリウムで。ゲップをしないように。
そしてバリウムです。注意書き通りに致しました。
早く飲まなくて良いのだからと、ちょびちょび飲みました(笑)。
そしたら辛くなかったんです。

検査員側も、飲んでる途中で「もう無理っす」と言われるより
数段よいでしょう。良い子で全部飲むんですから。

無事に全部飲み、アトラクションの始まりです。
機械の上でぐるんぐるんと回るんですよ。右から、左からと。
すごく傾いたりしますしね。
バリウム検査は10年前、仕事でだいぶストレスがたまっていた時、
初めて受けたんですが、けっこう衝撃でした(笑)。
こんなにアトラクション?みたいな。

最後は機械でお腹を押されて、無事終了。ホッとする瞬間です。
下剤を1回分+出ない場合のもう1回分渡されました。
「家に帰ってから飲んでもいいけど、早めにネ」との事。
皆が検査室を出てその場で水で飲んでるので、
私も習うことにしました。

そして全部無事終了したのは10時過ぎ。予想より遥かに早く
終わりました。1時間て感じです。確かにオプションの婦人科検診を
スキップしているので早いのかも。

せっかく東京駅にいるので、八重洲地下街に行き、
リラックマショップへ。
久々だったのですが、癒されました(´ ▽`).。o
なんだか白くてモコモコの着ぐるみを着たぬいぐるみがありました。

会社の健康診断の後、地元まで戻り、「タパスタパス」という
お店に入りました。
ここはランチタイムはフリードリンクなので、
そこが気に入っています。
サーモンとアボカドのパスタ&クレームブリュレを頼みました。
朝から飲まず食わずなので、お疲れサマの意味も込めています。

パスタを食べていたら、もうお腹がぎゅるぎゅると鳴りました。
下剤の説明書には「早くて3、4時間で効き目が出ます」と
書いてましたが、なんと2時間です。
そういえば昨年も、会社の人とランチ中にお腹が鳴り出し、
トイレに行きました。効き目が早いようです(笑)。
トイレに行ってスッキリして、またパクパクしました。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK