See more details
Title List

出雲大社に参拝のパイ&玉造温泉の巻~

9/25~28まで夏休みを取りました\(^o^)/バンザーイ。
8月の暑い時期は頑張りすぎましたが、ようやく連休を取ることに。

以前は10月も取得してOKだったのですが、会社から「9月までん♪」と
通達があり、皆9月の終わりに一斉に休んでおります(爆笑)

7:20に自宅を出て、殿に(^_^)/~~サヨナラをし、8:30発ののぞみに
乗り込みました。
後から考えれば飛行機1時間くらいでバビューン!と行けば早いのに
バカちんです。
でも新幹線と列車で時間がかかりましたが「国内旅行」という感じが
ビシビシしました。

松江駅に着いたのが14時半くらい。東急インに行ったら早めに入らせてくれ、
荷物を降ろしました。
そこからレイクラインという循環バスで、松江しんじ湖温泉まで
行き、そこから一畑電車に乗って揺られること一時間。
やっと出雲大社前へとうちゃーく。

私は殿と出会う前にここを訪れており、東京分詞にはちゃんとお礼参りと
お守り納めをやったのですが、ホンマもんのところにお礼参りが
できてちょうど良かったです。

お祈りする時は住所から言うと良い、と妹から教わり、それぢゃ時間
かかるぢゃん、なんですが、着いたのが17時を超えていて
人も数人しかおらず、二人してしっかり長いこと拝みました。
私はお礼と「アタクシ齢36にして子が欲しいのです」とお祈り。

縁結びの神様なので、御守りはそれメインですが、
私は壮健守りを買いました。なんとなくこれだな、と思ったので。
妹は縁結び糸を買っていました。

デジカメでぱちりぱちりと写し、夕日がキレーだったので、いい気分で
夕日を見て、さぁ帰ろうと大社を出ると、お店はほとんど閉まってるぅ…です。
そんで出雲大社前駅につくと、次の電車は20分後…
そういえばここは地方だったんだ。

電車で松江しんじ湖温泉駅まで戻ったら、19時台はもうとっくにバスは無く、
タクシーで松江駅へ。電車で松江駅から玉造温泉駅まで行きました。
こんな立派な駅名ならごはん処とかいろんなのがあるだろぅ、と期待して駅を降りたら…

なんにもなーーーい!!!ヽ(  ´  ∇  `  )ノ

真っ暗っ、真っ暗っ、なんてこった!!!
バスが無かったとしてもタクシーで行こうと思ったのに、タクシーも無いっ!

なんにも見えないっ。そんでようやく見つけた標識は「玉造温泉1.5km」。
…( ̄ー ̄?)歩くしかないんかぁい。
しかも真っ暗で道路は車がビヨーと走って危なっかしかったです。
暗いよ~恐いよ~と泣きたいですが、暗過ぎて言ってられないレベル。

一番明るいのがほぼ満月のお月さま(爆笑)
妹が「…新月じゃなくてよかったね」とボソリ。本当に懐中電灯が
必要なレベルでした。
歩いていくとようやく温泉街が。でも温泉宿があるだけで、お店が激しく
栄えているのとはほど遠く。

地方だってのはわかるけど、もうちょっと頑張ったらいかがでしょうか。
少なくとも駅内にはっきりわかりやすく、タクシーの連絡先は
書いてもらいたいものです。探せばあったかもしれませんが。

いつも眠らない待ち新宿、いや便利な東京で過ごしている私には
カルチャ~ショーーーック!です。

歩いてやっと「ゆ~ゆ」というところがあったので、そこに
入りました。20時半頃着いたのですが、入館は21:20まで。
\(*T▽T*)/ギリチョンセーフ!!

温泉に入ることが出来ました。ウチの妹は肌が荒れていて、
シャンプーとか洗顔料とか使うとしっしんができる程になっており、
天然の化粧水と言われる玉造温泉へ入れてあげたかったのです。

これから玉造温泉へ行かれる方、温泉宿に泊まるといいですな、たぶん。
それかバスが17時台迄とかだから、午前中かお昼に着いて温泉に入り
(やってるカナ?)お土産を買って午後に帰るのが良いでしょう。
夕方には帰らなければとゆう、アイドル寮の門限なみの行動。

私たちは地方をなめ過ぎだったということで反省しきりです。
2泊3日でギチギチのスケジュールだし。

そこから松江駅まで全部タクシーで帰り、しゃぶしゃぶ温野菜へ入ったのが
22時。しかも都内にもある温野菜(笑)。でも美味しかったデスー。
この日ちゃんとしたゴハンは初めてだったし、
店員さんはつみれも雑炊も作ってくれ、都内にはないサービスでした。
美味しいゴハンをありがとう、しゃぶしゃぶ温野菜。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK