See more details
Title List

ITIL合格体験記~

アタクシITの資格でITILなるものを受験するため、
追い込みべんきょーをしておりやした、ハイ。

ITの方でも優しいレベルの資格なのですが、だからといって
勉強して傾向を知らなければ間違いなく落ちる資格でして、
真面目にやってたんでやんす。

無事に合格することができました\(^o^)/。
フルで仕事して、家に帰れば主婦になり、時間を見つけて勉強すると
ゆう、よく考えたら結構無謀な挑戦だった気がします。

でも教科書を入手したのが4月だったから半年もかけてたんですねー。
いい加減解放されたかったです(笑)。

上司が今年ITIL取りましょうと運動しており、受かれば受験料も
支払われるとゆうことで、受けるなら今しかないなと思いました。

私がやったのは
・ITILの教科書(黄本)を読む、問題をやる
・Webの「無料deITIL V3 Foudation模擬試験」をやる
・トリフォリオの「ITIL®V3試験対策問題 全280問」をやる
の3本でお送りいたしま~す、じゃんけんぽん♪、ンガググ、です。

280問は、先に受験した会社のS子から情報を聞きつけ、受験3日前に
購入、執念で2回ずつ解きました。仕事中やってました(ナイショです)。
誤字脱字の多さに屈服しそうで、直してにゃん♪と思いました。

しかしそのまんまな問題が結構出たんですねー。
後で数えたら26問出てました。とゆうことは、これをやれば
受かってたんだという感じ。
でも保証はないし、基本的な黄本はやるようにしてネ。
そうしないと問題の意味がチンプンカンプンだから。

受験した所は渋谷のパソコンスクールだったのですが、渋谷って場所は
勉強とかには向いてないなぁと思ってしまいました(笑)。
まさにのハチ公口から徒歩なのですが、大画面でAKBが
「ギン、ガム、チェーック♪」と歌ってたりして、頭がホワーンと
休みモードに(笑)。

ホワーンとしながら歩き、エレベータにのってスクールに着いたら
明るくて雰囲気がよくて気に入りました。渋谷でしたけど
良かったです。暗~い雰囲気だと重くなるので。

入室時間とかをφ(・_・”)カキカキ して、ロッカーに荷物を預けました。
時計とか取るように言われるかと思ったけど大丈夫でしたね。
この手の試験久々で忘れてるんで。

試験が始まるとやり方の説明から始まって、いざ試験。

ここでポイントですが、最初は難しい問題がぶっ込まれている時が
あります。どうすればいいかというと、スキップ、らんらん♪
ヽ(^ ∇^* )ツ.すればいいんです。
大抵いつでも戻って解けるので、最初の難しい数問はスキップが
いいと思います。
あーわかるわかる、な問題からやればいいんですヨ。

資格試験もアレ結構料金高いですけど、いい商売ですよね~。
最初錯乱させて動揺させようだなんて、私には効きませんゼェ。
1回試験料2万円なんで、落ちればもう1回で4万でしょう。
何万円払わせるんダ、まったくぅ(笑)

あれよあれよと解いて、見直しして、自信がある問題数を数えるまで
時間がありました。自信満々な問題は26問に足りなかったですが、
ま、いいか、と楽観的に終了ボタンをクリック。
これができるのも、結構勉強をやったからできるんです。

結果は合格。ホッとしました。80%解けてたそうです。

9月に受験予定ですと上司に言っていたので、まさかの不合格には
なれないなーと思っていました。プレッシャーでした、(^◇^)ガハハ。

良かったです。一件落着。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK