See more details
Title List

下肢静脈瘤の可能性があるなぁの巻

最近この病名をよく聞くようになりました。Twitterでも下肢静脈瘤のことを
つぶやいている医院らしきツイートを見かけました。

私自身実は前から、足首の血管がボコッと浮き出ており気になっていました。
Twitterを見てまさかと思いながらも、なんだか病名が恐くて
気にしないようにしていました。

だけど今週末ふと、ふくらはぎの中央で血管に沿って皮膚が
ボコボコに膨れているのが見つかったのです。
なんじゃこりゃー(優作)。

ちょうど実家に帰っていたので、何気なく両親に、ボコボコになっていると
言うと、すぐに「病院に行ってきなさい」「大学病院で診てもらえ」などと
言われました。
まずこれって何科なのさーヨヨイノヨイ♪で、整形外科なのか、内科なのか
皮膚かなのか、どれなんだろうねぇと話しました。

自分の家に帰ってから早速googleで検索。これは何科というよりも
「どこがこの症状診てくれる?」という探し方となりました。

そしたら結構出てきて、運よく通勤で使っているお茶の水駅に
「お茶の水血管外科クリニック」様が見つかったのです。
場所を検索したら、私が東日本大震災で地図を買う時お世話になった
ファミリーマート様が入っているビルでした。

インターネットの予約画面に入力し送信すると、医院様から電話が
かかってくる仕組みになっており、先ほどお昼にかけてくださったのですが、
「大変混み合っており初診は11月になります」との事。

エー、今8月の夏真っ盛りなのに、11月なのぉ?
ドヒャー、o< ´・ω・` >oビローン

でも予約しておきました。インターネットで調べて、
すぐに治療しなくちゃ、という病気でないことはわかっていました。
メディアにも多く出ており、だいぶ有名な医院のようです。

----------------------------------------------
話変わりますが…

場所の縁ってあるもんだなと思います。震災時の話になりますが、
当時会社は港区にあり、住まいは板橋で一人暮らし、
夜エンエンエンと歩いて帰ったんです。

一人で恐いし、寒いし、心細いし、ご飯食べてないし、道よくわかんないし、
携帯電話は繋がらないし、家着いても一人でどうしよう、
家ん中いろんな物が倒れてるかな、と半分泣きべそかきながら
歩いてました。子供っぽいですが(苦笑)。

途中で地図を買おうと思って、入ったのがこのお茶の水のファミマです。
いろんな所を歩いていたので、お茶の水でなくてもいいのですが、
偶然だか必然だかって感じですね。

小さい地図は売り切れだったので、大きな冊子の地図を買いました。
そしたらレジで働いている大学生くらいのおにーちゃんが
「気をつけてお帰りください」と言ってくれたのです。
もう泣きそうになりました(笑)

でも泣くわけにはいかない、私は強く歩いて帰らなければと思い、
すぐ近くの大きな建物に入って、地図をチェックしました。
ここが後に明治大学だったことがわかりました。
たくさんの人がイスや地べたに座って休んでましたよ。

ありがとうお茶の水のファミマ、そして明治大学。
一生忘れないだろうと思います。

後に会社がお茶の水に近い場所に移転し、毎日この場所を歩くことに
なりました。不思議なもんですねー。
そして今回の病院の話。場所も縁ってあるのだと思います。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK