See more details
Title List

いざローマへ!

午前中はフィレンツェをうろうろ。午後ようやくユーロスターでローマへ移動です。ベネチアから移動する時は早く乗り込んだから、スーツケースの置き場を確保できたのですが、今度はたくさんの人がいっぺんい乗り込み、皆スーツケースを上の棚に上げることに。
皆いっぱい入ったデカデカスーツケースなので、上げる時は人が手伝うのが普通って感じで、イタリアの方も手伝ってくれました。

ユーロスターって日本みたいに「次は~○○○駅」とか言わないし、車内に電光掲示板があるわけじゃないし、気をつけてあと何番目だとか意識してる必要があります。こんなわかりづらい所がイタリアらしいみたいですよ。

ベネチア→フィレンツェへ移動する時に会ったご夫婦が、偶然にも同じ四人がけの所にきました。これで四人の席になっていたようです。ラッキーでした。こういう時、日本の方と話す機会ができると嬉しいですよね。

フィレンツェの時はご夫婦+娘さん夫婦で、娘さんはロンドン在住、ダンナさんは現地の黒人の方でした。黒人の方との結婚を許した、このご夫婦はエライと思いました。私のダンナは非のつけどころがなく、バツイチとかでもないのに母は反対したので、このご夫婦を見習った方がいいと心から思いました。

そんでようやく到着…すると、私達は日本人観光客でぞろぞろ一列になってスーツケースをガラガラ押しているんですが、なんかアウェイな気分になりましたね。
駅とか気をつけるように、って本当だと思います。

そこから車でホテルへ移動。ご夫婦とはさみしいですがここでお別れです。ホテルは「ベストウエスタンアールデコ」という所です。着くとJTBの方がさっそく説明&脅してくれました。

セーフティーボックスはセーフティーじゃないそうです。でも現金は取られるけどパスポートは、ばれると足がつくから取らないそうです。そんでパスポートを置いていった私達は今思うと本当に勇気ある戦士だなと思ってしまいました(・_・;)。

JTBの方は何十年もローマにいらっしゃいますが、それでも何度もスリに遭っているそうで、一番安全なのは、首から下げた袋にお金を入れて、服の中に入れることって言われて、そうすることにしました。
フィレンツェまで財布をお尻のポケットに入れていたダンナは信じられないです。
長財布じゃないから大丈夫、とか言ってました(笑)。

あとはタクシーでボラレない技を教えていただきました。タクシーメータの横に「1」とか「2」とかいう数字がつくのですが、2だと倍の料金を取られます。それはドライバーが主導でちょろっと変えられるので、変わっていたら「No,Due .Uno!」と言えと教えられました。苦い思い出なので細かく書きませんが、何回も見つけたので、その都度ダンナに言ってもらいました。

その時は既に17時を過ぎていたので、今日これからはタクシーの方がいいと思いますとの事で、タクシーで移動しました。

まずはトレビの泉。もう夜でしたがライトアップされていて観光地って感じでしたね。もうローマに来なくていいんですけど(苦笑)、コインを投げておきました。観光客いっぱいでしたよ。明るい時に見たらもっと違ったでしょうね。

その後はコロッセオ。こちらもライトアップです。昼間なら中に入られるみたいなんですが、残念でしたね。

その後はJTBからもらったクーポンでピザを食べました。普通ならバリバリ食欲があり食べるのですが、ローマが怖くて怖くて(T_T)、あまり食欲が出ないとゆう。ムシャムシャ食べられる事は精神的にも幸せなんだとすごく実感しました。

その後は歩いてスペイン広場へ。ローマの建物がみな似通っていて、しかも夜だとぜんぜんわからないんで、すごく迷ってしまいました。夜の10時台に(^^ゞ。
でも無事に見つけて写真をパチパチ。昼間ならオードリー気分を味わえたかもしれないです^^。

無事にホテルに着いた時はホッとしました。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK