See more details
Title List

夢のベネツィア散策♪

朝ごはんに間に合うように起きて、ホテル内でパクパクしてました。
今日は夕方からゴンドラセレナーデ、ディナー付きの
オプショナルツアーを申し込んでますがそれまでは自由行動です♪。

置いてあるシャンパンは飲みたいので、メッセージカードに
「Thank you so much.We will drink lator」と書いてみました。

さっそく午前から外に出ました。昨日は夜に着いたので街並みが見られなかったですが
明るい時間でホテルを出て「わぁぁっ、イタリアだぁぁ」と改めて思いました(笑)。
寝て朝起きたらベネツィアにいるなんて夢みたいですよ。いつも寝て起きたら
日本なのに(当たり前だけど)。

ベネツィアの10月後半は充分寒いですので、行かれる方は軽く作ってあるダウンを
持っていくといいと思いますね。私はユニクロです。周りもガッチリとコートとかダウンですよ。

まず人が多かったですねー。完全な観光地みたいでいろんな国の方がいるなぁといった
印象です。日本人はあんまし見かけなかったです。
いざサンマルコ広場に行ったんですが、あの街並みって家だらけで、今どこを
歩いているのかよくわからんになっちゃうんですよ。ですが曲がり角とか
所々に落書きがしてあり「Sanmaruko →」みたいに書いてあって逆に助かりました。

広場にいったら、なんとこの日はベネチアマラソンをやっていたんです。
なんてタイムリーで人が多い日曜日に来てしまったんでしょう。
マラソンコースを確保してあるので、向こう側に渡りたいけど
ランナーが切れるまで待つということを何度もやりました。

広場の建物ひとつひとつが芸術なので、写真撮りまくりでしたね。
広くて取りきれなくて動画とか取りましたよ。

ベネチアに来たらベネチアングラス、ということでshopに入り、
私はネックレスのモチーフを買いました、安かったですし。
店員さんとか普通にハリウッド俳優になれそうなカッコイイ
イタリアの方が多いんですよ。ドキドキですな(笑)。

あとは「MURANOグラス」でできた花瓶を買いました。ピンクのやつです。
これは二つで迷っていたら店員さんがおもむろに手に取り、
テーブルに置いて「ほぉうら見てごらん」みたいな感じでした(笑)。
カットのかっこいいのを買いました。
あとはダンナがクリスタルのユニコーンと鳩を買いました。
本当はいつもご当地のぬいぐるみを買ってくるのですが、さすがイタリア
ゆるきゃらがないので(笑)路線変更です。

街ではゴンドラの客引きみたいのがいるんですよね。
「ゴンドラ、ゴンドリー」みたいに言っていて、日本語にするなら
「あ、ゴンドラいかがっすかー」のニュアンスに聞こえました。

あとは教会に行ったり、本場のピザを食べたり、美術館に行ったり。
観光客はリアルト橋にいっっぱいいました。確かにいい景色でした。
ぐるぐる歩いて、夕方に一旦ホテルに戻りました。

17時過ぎにJTBオプショナルツアーでゴンドラ乗り場に集合。
ほとんど新婚さん(いらっしゃーい)でした。おひとりだけ男性でした。
やっぱり新婚ツアーになるんですねぇ。

私達はゴンドラ三つに複数ずつ乗りました。
私にとってベネチアのゴンドラは憧れでした。高校の時の音楽の授業で
NHKの名曲アルバムのVTRを観ていて、ビバルディの四季で
ベネツィアのゴンドラが映っていました。すごく優雅で、
ボーっと見とれた過去があり、それ以来憧れでした。

が、まさか新婚旅行で中学の時から憧れのゴンドラに乗られるなんて
こんな夢のようなことがあるでしょうか(いや無い 反語)。
感動でございます、うるうる。

ゴンドラに乗る時は船頭さんに手を取ってもらい、ヨイショって
乗ります。あと二人くる予定が間に合わず、そのゴンドラには三人で
乗ることに。そんで私が左側、ダンナと男性一名が右側に乗ったら、
ゴンドラが右に大きく傾いていて、斜めったまま出発(爆笑)。
だ・だいじょうぶか?と思っていたけど、船頭さんは
うん、とうなづいてこぎ続けました。

三艘のうち私達は最後のゴンドラで、その前のゴンドラには演奏する人が
乗っています。アコーディオン持って、日本人でもわかるスティービーワンダー
とか、CMで聞いたことある歌とか、オーソーレミーヨーとか
弾きながら歌っていました。
観光客達は上からその演奏する二人を写真で取っていました。

ゴンドラから見る景色は、中学の時に見たVTRと一緒でしたねー。
以前行ったことのある友人は「水がキタナかったよ」と言ってましたけど
上ばっかり見ていてあまり気にしなかったです。
ゴンドラは30分くらいでしたね。その時男性の方から
取っていただいた写真がすごくうまく撮られていて、
PCのデスクトップ画面にしています^^。

その方はイタリアの近くの国で働いてらっしゃるそうで、
でも場所はあまり言いたくないと仰っており、
なんかあるんだろうねぇと後でダンナと話しました。

その後は30分程空き時間があり、もう一度リアルト橋に行ったら
夜の景色はとってもきれいでした☆。
その後レストランでお食事…ですが川沿いとかではなく
フツーのレストランでした。でも美味しかったからよかとです。
パスタとか食べました。

最後にコーヒー好きのダンナが待ってましたとばかりに
エスプレッソを注文。
飲んだら…ゲーーーー、と衝撃の濃さでした。
濃すぎて思わず本当に笑いました(^○^)ワッハハ。
これが本場かと感心しました。

そこから歩いてホテルに着いたらシャンパンは残しておいて
くれていました(ホッ)。二人でいただいてから眠りにつきました。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK