See more details
Title List

東北地方太平洋沖地震勃発

東北地方太平洋沖地震勃発
会社は東京都内なんですが、いつも通りにいて、
金曜日ということでふふふ~ん、明日はおやすみぃ~♪
な感じで会社にいました。

14:50を過ぎたころです。
なんだか下から地響きがするのです。
結構長いし、隣の人と「あれ、地震だよね」と
言っていたら、そのうち横揺れに。で、横揺れも
おおきくなり、わっさわっさと揺れ、そのうち回り始めました。
なんだかアトラクションに乗っているようで、
しかも大きい大きい、回る回るで長い長い(T_T)。

何分揺れてたかわからないくらいでした。
その時は結構恐くって、揺れがやっと落ち着いてきても
手が震えてしまいました。
物が落ちたりはなかったです。全部キャビネットに入ってますしね。
ビルの3階でも十分恐かったです。

こんな大きいの初めてだ…。と思うと同時にみんな
一斉にネットを見始めました。
気象庁のホームページはみんな一斉に見ているようで
全然繋がりません。やっと東京都が「震度5強」と
わかりました。
震源地は三陸沖で震度7、M8.8と後から少しずつわかってきました。

その後、鉄道各社は全部運休になり、しかも復旧する見込みが
今日は立たないことに。大変なことになりました。
港区から板橋区まで歩くことになったのです。
道がよーわからんだったのですが、とにかく北上。
本郷通りを歩いていると、自分が通った高校や
短大などが見え、本当に有難う、お世話になりました
という思いを抱きながら歩きました。

最初はよく道がわからなかったし一人で歩いていたので
心細くて泣きが入ったのですが、「東京散歩だ」と思うことに
しました。食べてないしチョー寒いしって感じです><。

御茶ノ水駅の近くでコンビニに入り、
ちょっと高かったけどでっかい地図を買いました。
コンビニのお兄さんが「気をつけてお帰りください」
と言ってくれて、とても嬉しかったです。

あるビルが空いていて、座って休んでいる人が何人もいたので
私も入って地図をチェックしました。
そしたら結構単純な道で行かれることが判明し、
だいぶ安心しました。それからはその地図を胸に抱きながら
スタコラサッサと歩きました。

途中でいろんなビルが「トイレの利用だけでもどうぞ」などど
貼り紙をしていて歩いている人も「すごく優しい」などと
言っていました。こういう時に人の想いがすごく
表面に出るなと思います。

歩いて歩いてようやく巣鴨に。その頃からふくらはぎが
パンパンになり、スタコラと歩かれなくなりました。
ペースを落としたり戻したりでしたね。

途中で都電荒川線が見えて唯一動いていました。
チンチン電車やるじゃんと思いましたね、激混みでした。
私はそれに乗ると行きたい方向に向かえないので
そのまま歩きました。

歩いていくと新板橋駅へ。駅員の方が入り口に立って
拡声器で話していました。なんと三田線が動きだしたと
いうのです。!!!\(^^)/やったー。
乗りました。電車が動いていることがこんなに素晴らしいと
思ったのは生まれて初めてです。
すごく混んでいましたがこんなのへっちゃらでした。

家に着いたのは23時前ですかね。19時に意を決して会社を
出発し、4時間近くかかりました。
災害時帰宅支援マップを買っておけばよかったと
こんなに思ったことはありません。
この状況がいつでも起こりえるのだと痛感しました。

彼の家は神奈川寄りなので、泊めてもらえないかと
何回も電話を試みたのですが、ぜーんぜえーん繋がらないのなんのって。
メールの一つも送れやしないのデス。
私は固定電話を引いてないし、携帯は全く繋がらないしなので、
いざとなったら自分で対処するべと思いました。

家の中は棚に置いてあるものは全て落ちていました。
リラックマちゃんとかコリラックマちゃんとかね。
花瓶に入れている花もテレビ台から下に落ちていたのですが、
花瓶が割れていませんでした。100円ショップで買ったし
あきらめようと思ってましたが良かったです。

割れてたのは食事を運ぶトレイでしたね。ずいぶん使ったし
これは100円ショップの物なのであきらめることに。
その上に乗ってたオーブンの耐熱皿は落ちてたけど
トレイが守ってくれて無事でした。

まず落ち着かなければとゴハンを食べて、こたつで
ぬくぬくしてました。

ガスは止まっていたので、たぶん地震の時制御が
働いたんだと思うんですけど、外に出て復旧ボタンを
押さないとだし、もう寝ちゃうことにしました。
大変な一日だったと思います。

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK